TOP | 第4章 黄金の魔女裁判
  攻略チャート − 第4章 黄金の魔女裁判
 【 序章前編 】 嵐の夜の来訪者 / 【 序章後編 】 異国の法廷 / 第1章 迷宮の町 / 第2章 豪炎の魔女裁判
 第3章 大魔女のナゾを追え / 第4章 黄金の魔女裁判
ネタバレを極力防ぐために文字を見えないようにしてあります。
青い部分をマウスでクリックしたまま動かして反転させることで見ることができます。
全て反転させて見たい場合は[ CTRL+A ]を押してください。
  証人尋問 事件を目撃したこと
  ★ 証拠品「 見取り図 」が法廷記録にファイルされる
  ★ 証拠品「 魔法杖 」が法廷記録にファイルされる
  ★ 魔法大全≪ゴルドラ≫のページに印がつく
  タターセルの証言:もしかして”仲間割れ”ってヤツかしら?ボウシのヒト、ナイフをつきだしてたもの!
→『 ゆさぶる
  シルクハットのオトコが、するどく光るナイフを、前につきだしているのを!
→ といつめる『 ルーク
  マホーネさんが言いかけたコト。どうなんだろう・・・・。
→ 選択肢『 先をうながしてみる
  ★ 証拠品「 見取り図 」の情報が更新される
  ルークの証言:先生は、マヨイさんの正体を見抜いて・・・・ふたりは、真っ向から対決していたんです!
→ つきつける『 見取り図
  ★ 証拠品「 黄金像 」が法廷記録にファイルされる
  証人尋問 現場に落ちたもうひとつの≪影≫
  タターセルの証言:同じ現場で、同じ”魔法”の手口。”杖”を落としたのが、運の尽き・・・・ね。
→『 ゆさぶる
  ★ 証拠品「 魔法杖 」の情報が更新される
  ★ 魔法大全≪マカツイ≫のページに印がつく
  タターセルの証言:あのボウシ屋さんは、”魔女”が呼びだした”使い魔”にナイフをつきつけて抵抗したの。
→『 ゆさぶる
  あの子が先生のクラスの子だったら。学校の廊下にでも立たせておくトコです!
→ といつめる『 ルーク
  そ・・・・そうですよ!ちゃんと探してくださいッ!
→ といつめる『 エミール
  被害者の”ウデ”について・・・・もうひとつ。聞かせてください。
→ 選択肢『 どこに落ちていたか?
  どうなのですか?弁護士。この≪見取り図≫・・・・なにか、モンダイが?
→ 選択肢『 モンダイがある
  黄金の”ウデ”と”位置関係”がムジュンしているものは・・・・?
→ つきつける『 魔法の杖を指定
  証人尋問 ≪黄金像≫ と ≪魔法杖≫
  フェルマタの証言:♪おおー愛こそ”真心”恋こそ”下心”足元でクチを開けて待ち受ける魔性よ♪
→『 ゆさぶる
  ビスケット:キャ−−−−−ッ!オヤオヤ!アラアラ!
→ といつめる『 ルーク
  オウムの、ビスケット・・・・どうする!
→ 選択肢『 召喚してみる
  証人尋問 ≪黄金像≫ と ≪魔法杖≫
  この”圧倒的”な空気の中。≪尋問≫をするべきか・・・・どうする?
→ 選択肢『 ≪尋問≫をする
  ビスケットの証言:・・・・・・コルドア!・・・・・・
→ つきつける『 魔法大全のゴルドラのページ
  ★ 魔法大全≪コルドア≫のページに印がつく
  ≪コルドア≫が使用された”可能性”・・・・それを、示す≪証拠≫は・・・・。
→ 選択肢『 ≪証拠≫は、ある
  事件の現場で、≪コルドア≫が使われた・・・・その事実を立証する≪証拠≫とは・・・・ッ!
→ つきつける『 絵の裏側
  ★ 証拠品「 見取り図 」の情報が更新される
  小さな≪絵≫の裏に開いた”トビラ”。そこを通ったものとは・・・・!
→ 選択肢『 それ以外のもの
  魔女が、≪コルドア≫によって出現させた小さな”トビラ”を通したものとは・・・・!
→ つきつける『 魔法杖
  この≪魔法杖≫に仕組まれたウソとは・・・・?
→ つきつける『 ムラサキの魔法石を指定
  ≪コルドア≫の魔法を使い、現場に”杖”を投げ入れた”魔女”とは・・・・何者なのか!
→ つきつける『 パトラス・アルグレイ
  裁判所控え室
  ★ 証拠品「 白紙の手紙 」が法廷記録にファイルされる
  裁判再開
  ★ 証拠品「 魔法杖 」の情報が更新される
  魔女が、スリ替えた≪魔法石≫を隠した場所とは・・・・いったい、どこか!
→ 選択肢『 アルグレイ自身
  事件当日、≪魔法石≫が隠されていた場所は・・・・?
→ つきつける『 アルグレイの胸元を指定
  ・・・・どうする!このまま帰らせるべきか・・・・?
→ 選択肢『 他の事件を追及
  ★ 証拠品「 現場のスケッチ 」が法廷記録にファイルされる
  証人尋問 事件当夜のこと
  アルグレイの証言:困っていたところ、おトナリの方が訪ねてきたので、ドアを壊して室内へ入りました。
→『 ゆさぶる
  エミールが証人として登場する
  エミールの証言:オレっち、ピンと来たね!今回と同じ魔女が≪マカツイ≫を使ったんだ、ってな!
→ つきつける『 魔法杖
  ≪コルドア≫の小さなトビラを使って今回の犯行が可能だったことを示す≪証拠≫とは!
→ つきつける『 現場のスケッチ
  証人尋問 現場に踏みこんでから
  エミールの証言:オレっちは・・・・そう。カノジョにたのまれて、現場をアレコレ見て回っていたんだけど・・・・。
→『 ゆさぶる
  カノジョから”探しもの”をたのまれちまったワケだからさ。
→ といつめる『 アルグレイ
  レダが証人として登場する
  レダの証言:博士にね。手紙の配達をたのまれてたの。それをね。受け取りに行っただけなの。
→『 ゆさぶる
  その≪手紙≫・・・・もしかして。ココロ当たりがある、か・・・・?
→ 選択肢『 ≪証拠≫を提示してみる
  博士が、あなたに配達をたのんだ≪手紙≫・・・・それは、もしかすると・・・・。
→ つきつける『 白紙の手紙
  証人尋問 ベルデューク博士の≪手紙≫
  レダの証言:お部屋を出て。執事さんに『おやすみ』のアイサツをして。それで帰ったの。
→『 ゆさぶる
  うん。トレイを持ったアルグレイさん。
→ といつめる『 アルグレイ
  アルグレイの証言:私が、いつものボトルをお持ちしたとき・・・・レダ様は、お帰りになるところでした。
→『 ゆさぶる
  トマトジュースでございます。
→ といつめる『 エミール
  ★ 証拠品「 トマトジュースのボトル 」が法廷記録にファイルされる
  レダの証言:そしたら。オジサンが急に、ブッ倒れて。コワくなって、≪手紙≫を見つけて帰ったの。
→『 ゆさぶる
  オジサンが、急にブッ倒れた”理由”。思い当たるコトは、あるか・・・・?
→ 選択肢『 思い当たる≪証拠≫がある
  オジサンが、現場でイシキを失った理由を示す”手がかり”となる≪証拠≫とは!
→ つきつける『 トマトジュースのボトル
  証人尋問 錬金術師と執事
  アルグレイの証言:たとえ”魔法”が使えたとしても、あの方のイノチを狙う理由がないのです。
→『 ゆさぶる
  そして・・・・被害者は、イノチを奪われた。その犯行の”動機”。どうだろうか・・・・。
→ 選択肢『 それ以外の”動機”を提示
  この証人、パトラス・アルグレイの犯行の”目的”を示す≪証拠≫とは!
→ つきつける『 白紙の手紙
  アルグレイの証言:イノチを狙うことも、ストーリーテラー様に宛てた手紙を盗むことも、考えられません。
→『 ゆさぶる
  今の、アルグレイさんの≪証言≫・・・・モンダイはないだろうか?
→ 選択肢『 ムジュンがある
  ここが、≪勝負≫だ!この”ムジュン”を暴くには・・・・。
→ 選択肢『 ≪証拠品≫は提示できない
  アルグレイの証言のムジュン
→ 選択肢『 レダの証言:”守秘義務”とか、先生が教えてくれたから・・・・アタシ。一度も破ったこと、ないの!
  どうする!・・・・このまま見逃して”判決”を下すべきなのだろうか・・・・
→ 選択肢『 ”ムジュン”を追究する
  この証人が、現場でコルクを抜いた・・・・それによって生まれる”ムジュン”とは!
→ つきつける『 現場のスケッチ
  ぼくが ”質問”したい人物。それは・・・・。
→ 選択肢『 オジサン
  オジサンが現場から持ち去った”あるもの”とは・・・・?
→ つきつける『 右手のドクロマークのビンを指定
  ・・・・事件当夜。ベルデューク博士に≪毒≫を飲ませた人物。それは・・・・。
→ 選択肢『 ベルデューク博士自身
  ベルデューク博士の”自殺”。その可能性を間接的に示している≪証拠品≫とは・・・・!
→ つきつける『 白紙の手紙
 
 第4章 黄金の魔女裁判 終わり
 第5章 失意の後にへ


 TOP | 第4章 黄金の魔女裁判